通販で購入するED治療薬の安全性について

ED(勃起障害)の治療には、ペニスの変形など特別な事情がない場合には、ED治療薬を使って改善させていきます。
最も有名なED治療薬であるバイアグラは日本では病院処方が一番安全な入手方法ですが、ネット通販では個人輸入という形で海外から買えるようになっています。
個人輸入代行業者という、海外の販売者と日本の購入者を繋ぐ業者を介して買います。この時、病院のように処方箋が不要なのがネット通販の特徴です。
薬事法がさらに厳しくなれば将来的には規制がかかるかもしれませんが、今の所は処方箋なしでネットで買うことが出来ます。
処方箋がいらないということで、病院に行く時間がない人や、受診をためらっている人には人気があります。しかし、安全性という点から見ると、危険なことも多いです。
全ての個人輸入代行業者がそうというわけではありませんが、中には悪徳業者もいます。どこがルーツかわからないような薬を扱っていたり、偽物を堂々と扱っている所もあります。
すでに病院で薬の処方を受けたことがある人ならば、偽物の写真を見て違和感を感じられるかもしれませんが、ネットで初めて買う人にとっては、見分けることが出来ません。そして、そのまま偽物を買ってしまい、健康被害にあってしまうケースもあります。
ED治療薬による被害報告は少ないですが、それは消費者が言いづらい病気であることも関係しています。被害を報告してしまえば、自分がEDだと周囲にバレてしまうからです。そのため、泣き寝入りするしかないケースも少なくありません。
安全な個人輸入代行業者を選ぶならば、成分鑑定までしてくれる業者を利用すると安全です。また、カスタマーサービスがちゃんと機能しているかどうかも確かめておくと良いでしょう。