ED治療薬はどれが一番いいのかな?

ED治療薬はEDの治療を行っている専門クリニックなどで処方してもらうことが出来ます。ED(勃起不全症)の治療薬で日本で販売されているのは3種類です。バイアグラ(クエン酸シルデナフィル)、レビトラ(バルデナフィル)、シアリス(タダラフィル)の3種類です。いずれもホスホジエステラーゼV阻害薬で類似の効果、副作用を発現します。それではこの3種類の中で一番いいED治療薬はどれなのでしょうか。
それは服用する人が何を求めるかによって異なってきます。効果、副作用に類似点があるとはいえ、それぞれに長所、短所があるのです。
まず効果の即効性を求めるのであればバイアグラとレビトラを選択するべきです。これらは性行為の1時間前の服用が推奨されています。さらに詳細なバイアグラやレビトラの服用方法はネット総合病院で確認できるのでそちらも見てみましょう。
バイアグラやレビトラと違いシアリスは性行為の3時間前の服用が推奨されているため、効果発現までにはやや時間がかかります。
ですがシアリスの特徴としては効果の持続性が長いことが挙げられます。バイアグラやレビトラは5~10時間程度しか効果が持続しません。しかしながらシアリスの場合には20~30時間程度効果が持続します。もしバイアグラやレビトラの作用持続時間に不満がある場合にはシアリスを選択するのがいいかもしれません。
また併用薬との飲み合わせを気にする場合にはシアリスを選択するべきです。特に一部の不整脈治療薬に関しては、バイアグラやレビトラは併用禁忌になっているのにシアリスは併用が可能になっています。また副作用の発現率もシアリスが最も低いため、安全面を重視する場合にはシアリスを選択するのがいいでしょう。
また値段に関してですが、ほぼいずれも変わらない値段で1錠あたり2000円前後が相場となっています。しかしバイアグラにはジェネリック医薬品であるカマグラゴールドが発売されているため、より安い値段でED治療を受けることができます。
しかし、ED治療薬で男性側が対処しても、女性が不感症であれば満足されられずただの自己満足で終わってしまいます。女性で感じにくいという人は意外にも多いのです。
その場合の対処法として媚薬を使ってみると良いでしょう。感じにくいということは濡れにくいということですので、媚薬で気持ちを高めて興奮させることが効果的と言えます。
媚薬にあまり良いイメージがないという人もいると思いますが、その理由はAVなどの過激な演出にあります。通販でも買える媚薬の種類は安全なものがほとんどですのでそのような過度な効果が出ることはありません。
注意点としては、媚薬を通販で注文する場合、安心できるサイトなのかどうかをしっかり見極める必要があります。
悪質な通販サイトでは偽物が出回っていたり、入金済みなのに商品が届かないなんてこともありますので気を付けましょう。
しかし、通販で購入するメリットしては価格が安く抑えられることと、誰にもバレずに手に入れることができるという点にあります。